• ホーム
  • SEOを強化するためにもコンテンツ構成を先に決めておく

SEOを強化するためにもコンテンツ構成を先に決めておく

検索上位にヒットするためにGoogleクロールに評価されるように、サイトを作る時は筋の通ったしっかりとした構成の記事を作成するように心がけましょう。
コンテンツ構成がバラバラで筋が通っていないと評価が低いものになってしまうため、最初の段階でよくリサーチしておくことが重要になります。

筋のしっかりとした構成と、ユーザーが求めている魅力的な記事であれば離脱率の低下にもつながります。
ターゲットをどのくらいの年齢にするのか、訪問者が求めている潜在ニーズと顕在ニーズはどこにあるのかをしっかりと調査しておくとよいです。

ターゲット層は検索をするときに、何かの情報を得たいという気持ちで検索を行います。
何か自分の持っている疑問を解決したいというのであればQ&Aサイトを調べてみたり、欲しい商品について調べる場合は検索エンジンでそのまま調べ、検索上位にランキングされたものから順番にアクセスしていくとよいでしょう。

こうしたターゲットの検索意図をしっかりと理解した上で、サイトの構成と記事内容を良質なものにしなければなりません。
顕在ニーズは現在直面している問題などを自分で認識して行う要求のことですが、潜在ニーズは問題や課題が認識できていないが、ユーザーが心のどこかで「これも出来ればいいな」と思っている認識できない要求のことです。

こうした潜在ニーズを探り当てていくのは難しいことですが、あらかじめ自分のサイトに来た人がどのような情報を求めてアクセスするのかを考えれば容易に察しが付くこともあります。
Q&Aサイトで情報がなかったからなど検索意図なども考えてユーザーが欲しいと思う様々な情報をコンテンツとして用意しておいて、ユーザーが興味を示してくれる情報であれば、サイトの滞在時間も増えていくことでしょう。

ペルソナとは、あるサービスや商品にとって象徴的なユーザーのことです。
コンテンツ構成を行う時は具体的なペルソナを設定しておくとよいでしょう。
ペルソナのユーザーはインターネットをどのような時に利用するのか、年齢や性別、どのような趣味を持っているのかを具体的に設定しておくことで、ユーザーの視点でコンテンツ構成を行うことが可能です。

ペルソナが興味を持つ競合調査、関連語や共起語をよく調べた上でコンテンツ構成の見出しを作ることがポイントです。
競合調査、関連語や共起語はキーワード検索をした時にユーザーがヒットしやすいため、、見出しには意識してヒットしやすいキーワードを付けておくとよいでしょう。

関連記事