• ホーム
  • CVRを上げるためのポイントはサイトの信頼性を上げること

CVRを上げるためのポイントはサイトの信頼性を上げること

誰でも商品を購入するときは怪しげなサイトで購入するよりも信頼性の高いサイトで購入する方を選ぶのではないでしょうか。
そこでCVRを上げるためにも信頼できる良心的なサイト作りを目指すことがCVRを上げる一番の近道です。

まずは見た目の印象が大切なので、シンプルで見やすくデザイン性のあるサイトデザインを目指すことが大切です。
わかりにくいサイトや見た目がお粗末だと、このサイトで商品を購入するとちょっと心配だと訪問者がすぐに離脱してしまうので大きなマイナスポイントになることでしょう。

またサイトデザインが素晴らしくても、アフィリエイトのバナー広告だらけのお粗末な内容だと、押し売り感が丸出しになってしまうので、こうしたサイトは信頼されることはなくマイナスポイントの大きいサイトです。

魅力的なサイトを作るためにはサイト内にキャラクターを作ったり、運営者の画像やプロフィールを載せることで信頼性が高まります。
運営者をキャラクター化すればサイトに対する親しみも増すかもしれません。
プロフィールはサイトに興味を持ってくれた人がどのような人物がサイトを作っているのだろうかと興味を持ってくれるので、できるだけプロフィールは用意しておいた方がよいです。

Googleでは検索品質評価ガイドラインというものが用意されています。
検索結果の品質はGoogle自身が判断するのではなく、外部の第3者の意見や評価を取り入れて行っています。
この検索結果品質評価の基準となるのがE-A-Tです。
専門性、権威性、信頼性という意味がE-A-Tにあります。
サイトの信頼性を上げるためにも、明確性のある記事内容にしなければなりません。
サイト自身が魅力のないお粗末なものだと、検索結果に表示されなくなってしまいますので、サイトは良質なものをしっかりと作ることが大切です。

ユーザーはある情報を調べるために目的・主張を持ってアクセスしたわけですから、内容やデータに明確性があること、目的・主張のある記事内容は必須条件でもあります。
画像も、無いよりはあった方が解りやすいし、データ情報の多い方が信頼性も高まりますので、第3者の意見を取り入れながら専門性、権威性、信頼性という三つの要素を取り込んだE-A-Tの高い信頼できるサイトを作成することが大切です。
こうしたサイトをきちんと作ることによって自然にCVRを上げていくことが出来るでしょう。

関連記事