• ホーム
  • 類似コンテンツをチェックしてオリジナリティのあるサイトに

類似コンテンツをチェックしてオリジナリティのあるサイトに

似たような内容のサイトがあると、検索順位に大きな影響を与えることになります。
サイトに掲載されている記事の内容が、他のサイトと被ってしまう場合、Googleの検索エンジンで類似コンテンツと判断されてしまう場合があります。
類似コンテンツだと判断されてしまうと、とても厄介なことになり、ペナルティとして検索結果が表示されなくなってしまうので注意しなければなりません。

オリジナリティのないリライト不足の低品質記事ばかりを用意してしまうと、ユーザーに見向きもされないばかりか、サイトパフォーマンスも悪くなります。
またGoogleはこうした低品質記事ばかりのサイトを外そうとして検索順位を下げるため、検索から表示されないこともあります。
また自分のサイトが他のサイトにコピーされてしまうこともありますので、自分のサイトが逆にコピーされていないかについても重複ツールを使ってこまめにチェックした方がよいです。

良いサイトの場合、後からコピーサイトされてしまう可能性も高くなりますので、気をつけなければなりません。
リライトされたり、文字数の少ないページばかりを真似されてしまったりすることもあるかもしれません。
基本的には公開日時がより古いコンテンツが優先されますので、後からコピーされたサイトが表示されなくなる仕組みですが、万が一自分が本元にも関わらず類似コンテンツだとみなされた場合は立場が逆転してしまう可能性もありますので、決して油断せずに類似コンテンツは定期的にチェックし続ける必要があります。

SEO効果を高めるためにはnoindexをうまく活用していきましょう。
noindexとは検索エンジンにWebページのいくつかをインデックスに表示しないようにすることをいいます。
最近では低品質なサイトは上位にランクインさせないようにされています。
そのため文字数の少ない記事や他のページと似たような記事があれば削除するか、統合してリライトすることによってサイトパフォーマンスを高めることができ、PV数を増やすことが可能です。

リライトも統合も削除もしたくない場合は、noindexで検索エンジンに表示させないようにします。
noindexとは特定のページを検索エンジンにインデックスさせない構文のことです。
検索結果に表示されなくなりますので、結果としてPV数を増やし自分のサイトの評価を高めることが出来ますので、noindexをうまく活用されるとよいでしょう。

関連記事