• ホーム
  • 検索上位になるためには中古ドメインをうまく活用することも大事

検索上位になるためには中古ドメインをうまく活用することも大事

パソコンを使う男性

新規ドメインを使って新しいサイトを開設したけれど、なかなかアクセスされないということもあります。
新規サイトの場合、かなりSEO対策をしっかりと行わないと検索上位に表示されることはありませんので、新規サイトでは新規ドメインではなく、あえて中古を使って新しいサイトを開設するという方法がありますので、中古ドメインを使用してみてはいかがでしょうか。

中古ドメインで新規サイトを運用してみるとバックにリンクがいくつもついているため、検索上位に入りやすいというメリットがあります。
また長く続いた運用歴のあるものほどドメインエイジが古く、高い評価を受けているため、信頼性も高くなります。

新規と中古ではドメインパワーの差があるでしょう。
ドメインパワーは、被リンク数が多くクローラビリティの順回数も多いため、すぐにインデックスされるので、新しく開設したばかりのサイトでも上位されやすくなるというメリットがあるのです。
ドメインエイジが古く、ドメインパワーがあるものほどサイト運用歴も長く、被リンク数も多いので、価格も高くなる傾向があります。
しかし、「価格が高い中古ほど良いドメイン」というわけではありませんので注意しなければなりません。

新規開設サイトで中古を利用することは賛否両論あります。
名を選ぶことが出来ないので、新規サイトの内容と名が全くあっていないということもありますし、名とサイトの文字列が一致していないと、アフィリエイト目的だと気づかれてしまうデメリットもあるからです。
そのためサイトやジャンルに合う文字列が含まれたものを選ぶようにしましょう。

中古ドメインを取得する前とサーチコンソールを登録する前と登録後、サイトマップ送信後には、ペナルティがあるかどうかをその都度確認するようにします。
Googleの手動ペナルティは確認する方法は残念ながらありませんが、分析ツールでスパムスコアを調べることが出来るのでスパムスコアが高いものは避けるようにしましょう。
スパムスコアの判定が低い中古ドメインの方が、手動ペナルティを受けていない可能性が高いので、より安全に使用できます。

中古ドメインを手に入れた後は、サイトを作り、インデックスするタイミングをみます。
もしなかなか時間がかかってインデックスされない場合はペナルティを受けている可能性があるでしょう。
サイト作成後にサーチコンソールに登録をし、Googleにインデックスされているかどうかを調べ、サイトマップ作成後に再び調べます。
残念ながらペナルティを受けている場合、中古ドメインを捨てて新しい中古ドメインを手に入れて登録をし直した方がよいでしょう。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索