• ホーム
  • 本当によい記事はSNSやTwitterなどで話題になる

本当によい記事はSNSやTwitterなどで話題になる

色々なSNSアプリ

オーガニック流入とは、有料広告を使わずに検索エンジンやSNSで話題になったものなど、人々がアクセスしたいと自ら考えて集まってきた顧客のことをいいます。
今、話題になっているものや人々が知りたいと思う情報は有料広告とは違い、絶大な力があります。
ネットが普及した現在では検索依存の人々が多く検索順位が上位のものほど信頼性があると考えられているようです。

検索依存傾向のある人々ですが、もともと興味を持って訪れてくれた人たちなので、アフィリエイト収益が上がりやすい可能性があるのです。
オーガニック流入の場合、アクセスしてくれた人が元々興味を持っていますので、しっかりとサイトの内容を見てくれる可能性もあります。
またサイトの内容がよければオーガニック流入で訪れた人々がファンになってくれますし、InstagramやFacebook、Youtube、Twitterなどで圏外の人にも情報を拡散してくれる可能性もあるでしょう。

こうしたSNSやInstagramやFacebook、Youtube、Twitterは今は身近な情報です。
共通のイメージを認識させるブランディング効果もあります。
これはもともと定着させるまでに時間がかかりますが、情報化社会の現在はファンになった人に本当にいいものだと思ってもらえれば、情報を様々なツールを利用してあっという間に拡散させてもらえますので、よいブランディングになります。
話題になるほど検索順位も高くなりますので、圏外の人々にもすぐに情報が広がっていくことでしょう。

有料広告の場合は、投資が必要ですのでコストもかかります。
また広告掲載中しか効果が上がりませんが、オーガニックマーケティングの場合は、多くのフォロワーに指示されている間は長期的なトラフィックが継続しますし、効果は長期的に続く可能性もあります。
またコストが全くかからないのもオーガニック流入のメリットだといえるでしょう。

Facebookの場合は家族や友人の情報、面白いアイデアが優先的に検索上位になります。
Youtubeの場合は動画再生時間の長いものや検索クエリが含まれている動画の評価が上位にランクされる傾向があります。
Twitterの場合、話題のキーワードが上位になる傾向があるようです。
こうしたランキングの傾向もよく調べた上でSNSをうまく活用して集客数を増やしていくのがとても重要なことです。

関連記事