• ホーム
  • 「サーチコンソール」の「検索パフォーマンス」活用法とは

「サーチコンソール」の「検索パフォーマンス」活用法とは

カーソル

サーチコンソールとはGoogleのサービスの1つです。
Googleのサーチコンソールに自分のWebサイトを登録すると、Webサイトにエラーが生じていないか、どんな検索クエリがされているのかなどについて知ることができます。
クリック数なども解りますし、掲載順位なども知ることが出来ますので、ユーザーが何を求めて訪れてくれたのかを知ることができ、コンテンツ改善に役立ちます。

またこのサービスを使うことによって、Googleが毎日ページをクロールしてくれるので、万が一エラーが起きている場合もエラーを把握することができますし、エラーの件数も知ることができるので、サイトの運営に大変役立つことでしょう。

「検索パフォーマンス」はGoogle検索のパフォーマンスを分析してくれますので、ユーザーの検索ニーズ動向を調べることも可能です。
合計クリック数や表示回数、平均CTR、掲載順位を日付ごとに知ることも出来るため、アクセス時間帯によってどんな記事が読まれているのかを知ることが出来るでしょう。
アフィリエイト広告のCTRや広告の表示回数も調べることが出来ます。
CTRの高い広告はユーザーの反応も高いので、どんな商品に興味を持っているのかについて知ることが出来るので、こうした情報もうまく活用してコンテンツ改善に繋げていきましょう。
検索クエリをうまく活用すると、自分のサイトがどのようなキーワードでアクセスされているか、クリック数はどのくらいあるのか、検索ニーズは何なのか、掲載順位が何位なのかも知ることが出来ますので、アクセス解析を行うとよいでしょう。

もしアクセス数が少なかった場合、何故アクセス数が少なかったのかを考える必要があります。
ネットの市場全体ではもともと検索自体が少ないキーワードなのか、サイトのタイトルがユーザーの興味を持つものではないため、クリックされないのかなど、色々と原因を推測することが出来ます。
クリック率が極端に悪い場合は、どんなにSEO対策を行ってもアフィリエイト効果がなく、収益を上げられないことになります。
掲載順位がSEO対策のおかげで上位でもあまり有益なサイトとはいえません。

クリック率が悪い場合は重要性のあるキーワードではない可能性が考えられますので、ユーザーが求める検索ニーズに変更した方がよいでしょう。
内容の薄いサイトでSEO対策で検索上位になってしまうとGoogleのペナルティに引っ掛かることがありますので内容の素晴らしい上質なサイト作りが一番肝心です。

関連記事